ボパール 化学 工場 事故。 チェルノブイリ原発事故と並ぶ世界史上最悪規模の化学工場事故「ボパールの悲劇」を知っていますか?

ボパール 最悪の事故

これからも同じような災害が起こるでしょうから、今後に生かしていきたいものです。

17

ボパール 最悪の事故

最高経営責任者の刑事責任拒絶 ユニオン・カーバイドの元最高経営責任者(CEO)米国人男性ウォーレン・アンダーソン氏(享年92歳)は、刑事責任を拒絶しつづけました。

20

チェルノブイリ原発事故と並ぶ世界史上最悪規模の化学工場事故「ボパールの悲劇」を知っていますか?

ユニオンカーバイド社の事故に関しては、日本でも研究されている人はいるようですが、もう少し広く知ってもらえるようにすれば、JCO臨界事故も予防できたかも知れません。 のイナゴの襲来、19世紀末にフランスのぶどう畑を壊滅させたネアブラムシ、フィロクセラの流行、あるいはまた、主要な食料資源のじゃがいもを台なしにして、国民を飢餓状態にしたハイム. 日本人にはあまり知られていませんが、 発生から現在までの死者数が2万人を超えるといわれる世界史上最悪規模の大きな化学工場事故がかつてインドで発生したことをご存知ですか? 化学工場事故の背景 化学工場事故は、1984年12月2日から3日未明にかけてインド中央部マディヤ・プラデシュ州の州都ボパールで発生しました。 逮捕から訴追までの数十年の間に、ガスに起因する病気で数千人が亡くなった。

インド・ボパールの世界最悪の化学工場事故: 目黒川の畔にて

当時の社長のヲーレン・アンダーセンは刑事告発され、インドから身柄引き渡しを米国政府に求めているが、雲隠れして見つからないのだそうです、しかし、少し前に米国で優雅な老後生活を送っているのがグリーンピースによって確認されたものの、米国政府の対応は非常に緩慢なのだそうです。 ところで、事故を起こしたユニオン・カード社とはどのような会社なのだろうか。 そのため、「原子力損害賠償法」はほぼ力を失うとされています。

チェルノブイリ原発事故と並ぶ世界史上最悪規模の化学工場事故「ボパールの悲劇」を知っていますか?

事故の描写については下巻の後半からなので、事故当時の様子を知りたいひとは下巻の120ページから読み進めるといいだろう。 因みに、ある地域では、ある一人を例外に全員死亡、という所もあったようです。

8

ボパール 最悪の事故

インドは世界有数の生産国であり、コメ、小麦の生産量は中国に次いで世界第2位である。 事故後、調査したドイツ人の科学者のひとりはこう言った。 アムネスティのボパール災害に関する活動は、貧困に追いやり、貧困を悪化させるような人権侵害の終結を求めるアムネスティの国際キャンペーン「人間らしく生きたい」(Demand Dignity campaign:尊厳を求めて)の一環です。

4